ポルシェ無料診断

ポルシェ無料診断

車の状態や整備の必要箇所等を無料で診断いたします。

 
 
 

新着情報

1 | 2 | 3 | 最初 | 次ページ>>

冬に心がけること-2
2019.12.11

ポルシェはリアエンジンリアドライブの駆動方式ですので、トラクション性能に優れています。
そのため、雪道での走行も安心でしょう。
とは言っても、好んで雪道を走る人も少ないと思います。
今回は、万が一大雪が降った場合の対策を紹介します。
大雪が降った場合に気をつけなければいけないことは、まずは路面の凍結と深雪の対策です。
あまりにも雪が深いとスタッドレスタイヤでも歯が立ちません。万が一を考えてチェーンを購入した方が良いです。
次に注意すべき点は、部品の脱落です。
豪雪地帯出身の方によると、道端にインナーフェンダーやバンパーがよく落ちているそうです。
しっかり取り付けされていないと、脱落する恐れがあります。
ポルシェの場合は、アンダーカバーの取り付けが不十分なケースが多々見受けられます。
点検を行うことで発見できます。
さらに用心するようでしたら、解氷スプレーをカバンに入れることをお勧めします。
ドアが凍結して開かなくなる事が稀にあります。
繰り返しになりますが、
寒い時期の車のトラブルは悲惨です。
車に乗っているのに寒い思いをする事は出来る限り避けたいでしょう。
トラブルを回避するためには、こまめな点検が欠かせません。ムラタチューンでは無料で行なっていますので、本格的な冬が訪れる前に点検することをお勧めします。


最近のラジアルタイヤには見受けられないトレッドパターンのタイヤを交換しましたので、ご紹介し...
2019.12.10

この投稿をInstagramで見る

最近のラジアルタイヤには見受けられないトレッドパターンのタイヤを交換しましたので、ご紹介したします。 写真のタイヤはミシュランのXWSと呼ばれる銘柄です。一見すると、まるでブロックパターンのようにも見え、オフロードタイヤを彷彿させますが、クラシックカーのオンロードタイヤです。1970年代に発売され、当時の所謂"スーパーカー"と呼ばれる車に装着されたハイエンドモデルで、許容する最高速度は270km/hに及ぶそうです。ナローポルシェにも純正で装着されており、その性能が当時は高く評価されていたことが伺えます。 TwitterやFacebookなど、Instagram以外のSNSでも弊社の紹介をしております。是非ご覧ください。 アメブロ:ameblo.jp/muratatune/ Facebook:facebook.com/porsche.japan/ Twitter: https://twitter.com/muratatune 見積りなどのお問い合わせはこちらまでお願い致します。 info@muratatune.com ・ ・ ・ ・ #porsche #911 #sportscars #modified #tuning #carinstagram #tokyo #sumida #skytree #muratatune #ポルシェ #ポルシェ911 #porsche911 #ナローポルシェ #クラシックカー #classiccar #classic cars

ムラタチューン(@muratatune)がシェアした投稿 -

ポルシェの足回り-3
2019.12.09

前回はダブルウィッシュボーン式について解説しました。

今回はマルチリンク式について解説します。
マルチリンク式はダブルウィッシュボーン式を派生させた構造を持っており、アームやリンクの数が多いです。
リンクの数を増やす事で省スペース化を実現し、ダブルウィッシュボーン式と同様の性能が発揮できる点が特徴です。
しかし、リンクが増える事でコストが嵩むため、高級路線の車に採用される事が殆どです。
ポルシェでは993以降の911のリヤサスペンションに採用されています。
次回は、964までの911シリーズのリヤサスペンションに採用されていたセミトレーリングアーム式を紹介します。
 

ポルシェの足回り-2
2019.12.06

前回はストラット式サスペンションについて紹介しました。
今回はダブルウィッシュボーン式について解説します。
まず、ダブルウィッシュボーン式についてです。
ポルシェではカイエンやパナメーラのフロントサスペンションに採用されています。
上下に鳥の胸骨(ウィッシュボーン)を彷彿させるA字型のアームが付いています。
この構造により、剛性を確保できるためショックが滑らかに動作します。また、ストロークの際もホイールが垂直に動くので、キャンバーが変化することもありません。
しかし部品点数が多いため、コストが嵩みます。
また、アーム類を格納する為の広いスペースも必要であるため、スポーツカーやフォーミュラカーに多く用いられる傾向があります。
ちなみに、カイエンやパナメーラはエンジンルームのスペースを確保する為、写真のようにハブキャリアを縦方向に長くすることで、アッパーアームの支点をホイールより高くしています。
詳しく説明すると長くなるので割愛しますが、こうすることで、動きを損なうことなくアームを短くしてスペースを確保することができます。
cr-xなどもパナメーラと同じような、縦に長いハブキャリアを採用しています。
次回はマルチリンク式について説明します。


1 | 2 | 3 | 最初 | 次ページ>>