ポルシェ無料診断

ポルシェ無料診断

車の状態や整備の必要箇所等を無料で診断いたします。

 
 
 

新着情報

<<前ページ | 最新 | 397 | 398 | 399 | 400 | 401 | 最初 | 次ページ>>

ポルシェ整備 928 アイドリング状態が維持できないエンジントラブル その1
2013.07.24


ポルシェ 928 エンジン不調のトラブルをご紹介します。

お客様が持ち込まれたポルシェ 928は走行時は問題ないものの、
停車時などでアイドリング状態が維持できず、エンジンが止まってしまう症状が発生しておりました。


ポルシェ 整備



調べてみるとアクセルがどれだけ開いているかをコンピューターに送る
「スロットルセンサー」に問題があることがわかりました。

ポルシェ 928のスロットルセンサーはアクセルが全開か全閉の2つの状況で、
コンピューターに信号を送る仕組みになっています。

ですが、今回のスロットルセンサーは全閉時にコンピューターに送るべき信号を出しておらず、
その結果エンジンが止まってしまう症状が発生しておりました。

ポルシェ 整備


明日に続きます。

ポルシェ整備 964以前からほとんど変わらない油圧センサー
2013.07.23


ポルシェのエンジンオイルの油圧計測する油圧センサーをご紹介します。


この油圧センサーは、ポルシェ964以前から現在のポルシェ997に至るまで、ほぼすべてのポルシェ911に同様の油圧センサーが取り付けられています。


ポルシェ 整備



ポルシェ 964のエンジンの油圧センサーは写真のように、クランクケースに取り付けられています。


ポルシェ 整備



写真の細い穴からセンサー内にエンジンオイルが入ることによって、油圧を計測しています。

ポルシェ 整備

ポルシェ整備 993 エンジンのインテークの変形原因 その2
2013.07.22

本日は、ポルシェ 993のエンジンの診断・修理を行います。ブーツから取り外したインテークをチェックすると上部が変形していることが確認できました。
引き続き、ポルシェ 993のエンジンのインテークの診断・修理を行っていきます。

インテークは、シリンダーヘッドに取り付けられたままでは見えない下部の部分にヒビが入るトラブルが頻繁に発生します。

ポルシェ 整備


まずは点検鏡を使用して、取り付けた状態で上部からは見えないインテーク下部のチェックを行っていきます。何らかの異常が見受けられるとインテークをシリンダーヘッドから外して実際に確認を行います。

ポルシェ 整備


今回のポルシェ 993のエンジンにはヒビは発生しておりませんでしたが、ヒビが発生したインテークは写真のようになります。

ポルシェ 整備

ポルシェ整備 993 エンジンのインテークの変形原因 その1
2013.07.21

本日は、ポルシェ 993のエンジンの診断・修理をご紹介いたします。
ブーツから取り外したインテークをチェックすると上部が変形していることが確認できました。

ポルシェ 整備


インテークにつきましては、以前にご紹介しましたがエアクリーナーから吸われた空気を密閉された状態でシリンダーヘッドに送り込むものであるため、このように変形してしまうとブーツと変形したインテークの間にできた隙間から余分な空気が入ってしまう恐れがあり、トラブルのもととなります。

ポルシェ 整備


考えられる要因としましては「熱による変形」または、「ブーツを締める際に必要以上の力が加わったこと」が考えられます。

明日に続きます。

ポルシェ整備 964 カムハウジングの砂の発生原因
2013.07.20

本日はエンジンのカムハウジングの表面に現れる砂や異物の除去をご紹介いたします。
写真はポルシェ964のエンジンのカムハウジングです。

ポルシェ 整備


表面を拡大した。写真をご覧ください。表面が粉をふいたように灰色に変色していることがわかります。
この灰色の粉上の物体の正体は砂などの異物です。

ポルシェ 整備


エンジン内のパーツになぜ砂?と思われるかもしれません。

エンジンのカムハウジングは鋳型といって型と型を合わせ、そこに金属を流し込んで製作する方法で作られます。
型は繰り返し使用されるため、回数を重ねる度に型の中にある砂が微量ながらエンジンのパーツの中に入ってしまうため、このように砂が発生するのです。

<<前ページ | 最新 | 397 | 398 | 399 | 400 | 401 | 最初 | 次ページ>>