ポルシェ無料診断

ポルシェ無料診断

車の状態や整備の必要箇所等を無料で診断いたします。

 
 
 

新着情報

<<前ページ | 最新 | 400 | 401 | 402 | 403 | 404 | 最初 | 次ページ>>

ポルシェ整備 993 エンジンの診断と修理 5
2013.06.19

ポルシェ 993のエンジンの診断・修理を行っていきます。ロッカーシャフトとロッカーアームを取り外してカムシャフトを見ると表面に大きな傷があることが確認できました。


ポルシェ 整備

これは「虫食い」と呼ばれるトラブルで、エンジンを十分に動かしていなかったために、カムシャフトの表面からオイルコーティングが取れ、表面が腐食してしまいます。

 

カムシャフトは磨くことができませんので、新品に交換します。

ポルシェ整備 993 エンジンの診断と修理 4
2013.06.18

4

引き続き、ポルシェ 993のエンジンのインテークの診断・修理を行っていきます。

インテークは、シリンダーヘッドに取り付けられたままでは見えない下部の部分にヒビが入るトラブルが頻繁に発生します。


ポルシェ 整備



まずは点検鏡を使用して、取り付けた状態で上部からは見えないインテーク下部のチェックを行っていきます。何らかの異常が見受けられるとインテークをシリンダーヘッドから外して実際に確認を行います。


ポルシェ 整備


今回のポルシェ 993のエンジンにはヒビは発生しておりませんでしたが、ヒビが発生したインテークは写真のようになります。


ポルシェ 整備


明日に続きます。

ポルシェ整備 993 エンジンの診断と修理 3
2013.06.17

引き続き、ポルシェ 993のエンジンの診断・修理を行います。ブーツから取り外したインテークをチェックすると上部が変形していることが確認できました。



ポルシェ 整備


インテークにつきましては、以前にご紹介しましたがエアクリーナーから吸われた空気を密閉された状態でシリンダーヘッドに送り込むものであるため、このように変形してしまうとブーツと変形したインテークの間にできた隙間から余分な空気が入ってしまう恐れがあり、トラブルのもととなります。


ポルシェ 整備

考えられる要因としましては「熱による変形」または、「ブーツを締める際に必要以上の力が加わったこと」が考えられます。

 

明日に続きます。

ポルシェ整備 993 エンジンの診断と修理 2
2013.06.16

昨日交換を行ったプラグコードから繋がるディストリビューターです。

 

ディストリビューターはイグニッションコイルから送られる高ボルトの電流を、各シリンダーコンバータに分配するとても重要な役割を担っています。


ポルシェ 整備

ポルシェ 993のエンジンではインテーク側とエキゾースト側の2つのディストリビューターが付いたツインプラグになっています。

これは燃焼効率を良くするためであるとともに、燃え残ったガスを燃やしマフラーから排出される排ガスをクリーンにする効果もあります。


ポルシェ 整備

明日に続きます。

ポルシェ整備 993 エンジンの診断と修理 1
2013.06.15


ポルシェ 993のエンジンの診断・修理を行っていきます。

 

まずは診断の際に見つかったプラグコードのひび割れの修理・交換を行います。プラグコードはゴム製のパーツのために、ほかのパーツに比べ劣化しやすく、ひび割れ等が起こります。


ポルシェ 整備

ひび割れたプラグコードをそのまま使用し続けていくと、水分などが付着しリークを起こしてしまう恐れがあります。劣化したプラグコードはディストリビューターのキャップを除き、すべて新品に交換します。


ポルシェ 整備

明日に続きます。

<<前ページ | 最新 | 400 | 401 | 402 | 403 | 404 | 最初 | 次ページ>>