ポルシェ無料診断

ポルシェ無料診断

車の状態や整備の必要箇所等を無料で診断いたします。

 
 
 

新着情報

<<前ページ | 最新 | 406 | 407 | 408 | 409 | 410 | 最初 | 次ページ>>

ポルシェ整備 964 ウォッシャー液の噴出不具合
2013.10.10


ポルシェ 964 カレラ2 ウインドウウォッシャーのチェックバルブのトラブルをご紹介します。


ウインドウウォッシャーのチェックバルブとは、フロントウインドウやリアウインドウへウォッシャー液を
供給・噴出するバルブのことです。写真はフロントフード側から見たチェックバルブの取り付け箇所です。


ポルシェ 整備



お客様が持ち込まれたポルシェ 964 カレラ2はウインドウウォッシャー液が一部噴出されていないバルブがありました。ウインドウウォッシャーのチェックバルブは、複数の形状がございます。

写真のチェックバルブは、ウインドウォッシャータンクに近い側にあるチェックバルブのためT字型の形状をしており、ここでウインドウに噴出されるウォッシャー液と残りのバルブへ流れるウォッシャー液に分岐されます。


ポルシェ 整備




ウインドウに噴出される側には逆流を防止する装置が付いており、流れが逆流することを防止しています。
この装置になんらかの不具合が発生し、流れをせき止めてしまったため、ウインドウウォッシャー液が噴出されないトラブルが発生しておりました。

ポルシェ整備 964 ロッカーシャフトのWPC加工
2013.11.30


ポルシェ 964エンジンのロッカーアームとロッカーシャフトです。ロッカーシャフトの表面にはWPC加工を行っています。


ポルシェ 整備


WPC加工は強度と摺動性を向上させるために行う加工で、高圧力下で超微粒子を吹き付け、表面に非常に細かい凹凸を施します。この加工によってロッカーシャフト表面にエンジンオイルが長く保持され、潤滑効果を向上し、フリクションを低減させます。

またWPC加工は、金属疲労の減少にも効果があり、多くのレース用エンジン部品にも採用されている技術です。

ポルシェ整備 964 純正ショックアブソーバーの経年劣化
2013.10.08


ポルシェ 964 カレラ2に装着されているポルシェ純正のショックアブソーバーの経年劣化をご紹介します。

ポルシェ 964 カレラ2はコイルスプリング、ショックアブソーバーを一体型に組み合わせた
コンパクトなストラッド式サスペンションが採用されています。写真は平常時の状態です。

ポルシェ 整備


ショックアブソーバーの中にはピストンとオイル、ガスが入っており、路面から受ける振動を減衰する装置です。
ポルシェ 964 カレラ2が発売されたのは今から21年前の1990年。

発売から21年も経過しておりますので、中のオイルが無くなったり、ガスが抜けたりして
ショックアブソーバーが正常に機能しない場合が多く、ポルシェ964のトラブルが発生しやすい箇所のひとつです。
写真のように減衰時ピストンを押しても上に戻る力が無くなっています。

ポルシェ 整備

ポルシェ整備 964 車検時、要点検!ブレーキフルード エア抜きバルブ
2013.10.07


ポルシェ 964 カレラ2 ブレーキフルードのエア抜きバルブをご紹介します。

ブレーキフルードのエア抜きバルブは、ブレーキフルードの中に入った空気を抜くためのバルブです。
写真のようにブレーキキャリパーに取り付けられています。

ポルシェ 整備


お客様のポルシェ 964 カレラ2から、ブレーキフルードのエア抜きバルブを取り外しました。
写真を見て頂くとバルブの中央部分がサビていることがお分かり頂けるかと思います。

ポルシェ 整備


この状態のまま放置しておくとサビが進行していきくと、エア抜きバルブが折れてしまう可能性があり、
ブレーキキャリパーから取り外すことができなくなります。

ブレーキフルードのエア抜きバルブは、ブレーキフルードを交換するときに外す必要がありますので、
折れてしまうとブレーキフルードの交換そのものができなくなってしまいます。

ブレーキフルードは2年に1度の車検の際には、必ず交換しなければいけませんので、
その際にブレーキフルードのエア抜きバルブにサビがあれば早めに新品に交換して頂くことをオススメします。

ポルシェ整備 〜964 変わらない油圧センサー
2013.10.06


ポルシェのエンジンオイルの油圧計測する油圧センサーをご紹介します。


この油圧センサーは、ポルシェ964以前から現在のポルシェ997に至るまで、ほぼすべてのポルシェ911に同様の油圧センサーが取り付けられています。

ポルシェ 整備

ポルシェ 964のエンジンの油圧センサーは写真のように、クランクケースに取り付けられています。

ポルシェ 整備

写真の細い穴からセンサー内にエンジンオイルが入ることによって、油圧を計測しています。

ポルシェ 整備

<<前ページ | 最新 | 406 | 407 | 408 | 409 | 410 | 最初 | 次ページ>>