ポルシェ無料診断

ポルシェ無料診断

車の状態や整備の必要箇所等を無料で診断いたします。

 
 
 

新着情報

<<前ページ | 最新 | 426 | 427 | 428 | 429 | 430 | 最初 | 次ページ>>

ポルシェ整備 993 エンジンマウントの違いによるフィーリングの変化 2
2013.06.13

 昨日に引き続き、ポルシェ 993のエンジンマウントの違いをご紹介いたします。


「ポルシェ社純正のレーシングタイプのエンジンマウント」は、鋳物で作られており、レース用車両向けに設けられたパーツです。

ポルシェ 整備

またレーシングタイプのエンジンマウントについてはポルシェ純正品以外にも、アルミ製の社外品エンジンマウントなどが発売されております。

なぜ、ポルシェ純正品は鋳物なのか?ここにポルシェ社のこだわりがあります。


エンジンマウントについては・・・
クッション機構の少ないものに変えることによってエンジンの軽快さや加速感は増加します。
しかしながら、クッション機構がないことによってエンジンの振動や音が直接車体に伝わってしまうため、
その分、乗り心地は悪くなります。

好みに合わせたエンジンマウントをお選びいただき、より快適にポルシェをお楽しみください。

ポルシェ整備 993 エンジンマウントの違いによるフィーリングの変化 1
2013.06.12

ポルシェ 993のエンジンマウントの違いをご紹介いたします。


以前に「ポルシェ 968のエンジンマウント」のブログでもご紹介いたしましたが、エンジンマウントを変えることで、エンジンの軽快さや加速感などまるでエンジンチューニングをしたかのようにフィーリングが変わります。

写真はポルシェ 993 カレラのエンジンマウントです。
シルバーの盛り上がった部分にはショックを吸収するクッション機構となっております。

ポルシェ 整備

続いてポルシェ 993 RSのエンジンマウントです。
ショックを吸収するクッション機構が小さなっています。

ポルシェ 整備

最後に、ポルシェ社純正のレーシングタイプのエンジンマウントです。
これはリジットマウントと呼ばれ、クッション機構がまったくなく直接車体に取り付けられる形となっております。

ポルシェ 整備

明日に続きます。

ポルシェ整備 964 ベルトの張りによる異音の発生
2013.06.11


昨日に引き続き、ポルシェ 964 カレラ2 ベルトをご紹介します。

ポルシェ 964 カレラ2には昨日ご紹介したクーリングファンとオルタネーターを動かすベルト以外に、
エアコンのコンプレッサーを動かすためのベルトがあります。

ポルシェ 整備

点検のため、ポルシェ 964 カレラ2のエアコンを動かしてみると
エアコンのコンプレッサーを動かすためのベルトの周辺から異音が発生したため、確認を行いました。

すると「ベルトの張り」が強すぎたためにコンプレッサー側のベアリングに負荷がかかり、
異音が発生していたことがわかりました。

ポルシェ 整備 ポルシェ 整備


ベルトはただ新品に交換すればよいというわけではなく、最適な張りに調整する必要があります。

ポルシェ整備 964 アライメント調整を行うテンションプレート
2013.06.10


ポルシェのアライメント調整を行うテンションプレートをご紹介します。

ポルシェ 964のテンションプレートはリアタイヤの内側、アップライトと車体を繋ぐように取り付けられています。アライメント調整できるようにボルト穴が複数空いているのがご確認いただけます。

ポルシェ 整備 ポルシェ 整備


お客様が持ち込まれたポルシェ 964から取り外したテンションプレートです。

ポルシェ 整備


車体側に固定するピローボール部分をご覧ください。ゴム製のダストブーツが劣化してひび割れ、塵が点いていることがお分かり頂けるかと思います。トラブルが発生する可能性が非常に高いのは明らかです。

ポルシェ 整備 ポルシェ 整備

テンションプレートは、ピローボール部分だけを交換することはできませんので、テンションプレートごとのアッセンプリー交換となります。しかしながら、テンションプレートは非常に高価なパーツのため、交換が必要な場合はお客様に詳細をご説明を行った上で、テンションプレートの交換を行います。

ポルシェ整備 993 タイロッドの経年劣化の症状例
2013.06.09


タイロッドの経年劣化の症状をご紹介いたします。

以前もご紹介したことのあるタイロッドは、ハンドル操作に合わせてフロントタイヤを左右に動かすために、ステアリングラックからアップライトまでを繋ぐパーツです。

今回お客様の持ち込まれたポルシェ 993のタイロットには、経年劣化による性能低下がみられました。

ポルシェ 整備

まずはタイヤ側にあるゴムダンパーが傷んでいることがご確認いただけます。

ポルシェ 整備

続いて車体側のピロボール部分にもダメージが見られます。

ポルシェ 整備

この2つの症状とも経年劣化によるもので、新品のタイロッドに交換いたしました。

<<前ページ | 最新 | 426 | 427 | 428 | 429 | 430 | 最初 | 次ページ>>