ポルシェ無料診断

ポルシェ無料診断

車の状態や整備の必要箇所等を無料で診断いたします。

 
 
 

新着情報

1 | 2 | 3 | 最初 | 次ページ>>

ポルシェ整備 993ターボ 深刻なトラブルに繋がる恐れがあるドライブシャフト破損
2014.08.31

本日は、ポルシェ 993 ターボのドライブシャフト破損の修理をご紹介いたします。


ドライブシャフトは、エンジン・トランスミッションからの動力をタイヤに伝える重要なパーツです。
走行中は常に大きな力を受けているため、消耗品のひとつとなります。

ポルシェ 整備

メンテナンスせず、使用し続けると最悪の場合、シャフトが折れ重大なトラブルにつながります。

ポルシェ 整備 ポルシェ 整備

ドライブシャフトは、デフ側(写真左・トランスミッション側)は分解・交換することができますが、ハブ側(写真右・ホイール側)は分解す

ポルシェ整備 964カレラ2 車体を支えるロアアーム  
2014.08.30

ポルシェ 964 カレラ2のフロントのロアアームをご紹介いたします。

ロアアームとはポルシェの車重を支え、タイヤからの力を受けるパーツです。空冷エンジンを搭載しているポルシェは写真と同様のロアアームが付いています。

ポルシェ 整備


車体とロアアームを取り付ける個所はゴムブッシュというパーツで、長くポルシェを乗っていると亀裂が入るなど劣化していきます。

ポルシェ 整備


ゴムブッシュが劣化したまま走行すると、ハンドルがガタガタと暴れたり、ハンドルを切っても曲がりにくいといった症状が出てきます。ゴムブッシュが劣化するとロアアームごと、アッセンブリー交換となります。

ポルシェ整備 誰でも簡単にできるタイヤの目視確認  
2014.08.29


本日は、日常簡単に行うことのできるタイヤの目視確認をご紹介致します。

ムラタチューンでは、無料診断で様々なお客様の車両を点検させて頂いています。
診断を行うとやはりゴム類など、経年劣化又は消耗してしまう部品の不具合がよく目に入ります。

特にタイヤに関しては、製造されてから何年も経過してひび割れしているものや偏磨耗又は磨耗限度を超えているタイヤなどを、良く見かけます。

しかし、タイヤは車の基本性能である「走る・止まる・曲がる」全てにおいて絶対的に必要不可欠であり、そのタイヤの品質は車の性能に大きく影響を及ぼすもので、、、ここで余談ですがドイツ本国ではポルシェに乗り交通事故を起こした際ポルシェ社が「認定」を行ったタイヤを装着していなければ一部の保険が適用外となります。

よって、タイヤというのはただ新しいものを装着するのではなくその車の「性能・使用用途」に応じたタイヤを装着しなければ事故と言うものは必然的なものとなり、それほどタイヤというのは重要な役割を担っているものなのです。


タイヤの情報や状態を確認する方法をいくつか紹介します。簡単に点検を行うことができますので、是非一度、お乗りになられているポルシェを見てみて下さい

■1.ポルシェ指定タイヤの証である「N」
※横の数字は認定された時期により異なります。


ポルシェ 整備


■2.製造年月日の表記。 
例)「2610」であれば2010年の26週目となります。


ポルシェ 整備



■3.タイヤ残り溝点検。 たて溝内に横線の突起がもうけられており、この突起の深さまで磨耗してきた頃がタイヤの溝が少なくスリップを起こしやすい状況ですという警告になります。


ポルシェ 整備

ポルシェ整備 996ターボ 不具合が多く発生するソレノイドバルブ 
2014.08.28


 ポルシェ 996 ターボのエンジンのトラブルが発生しやすいソレノイドバルブをご紹介いたします。


ソレノイドバルブはターボチャージャーとアクチュエーターを繋ぐパーツです。
写真を見て頂くと接合部に向けて曲っている/変形していることがおわかりいただけます。

ポルシェ 整備



この部分に長期的に負荷ががかかることによって、ソレノイドバルブが切れてしまう症状が
出ているポルシェ 996ターボをよく見かけます。

ポルシェ 整備



ポルシェ996ターボのトラブルが発生しやすい箇所のひとつです。

ポルシェ整備 993ターボ ターボ特有のトラブルを防ぐ予防整備 
2014.08.27

 本日は、ポルシェ 993 ターボのプレッシャーホースの予防整備をご紹介いたします。


プレッシャーホースはインタークラーからタービンまでを繋ぐ、
ターボ搭載車には欠かすことのできないパーツで、走行中常時、高い圧力がかかっているパーツです。

ポルシェ 整備


プレッシャーホースは、ゴム製パーツのため、
経年劣化や熱による疲労によってひび割れや切れてしまうことがあります。

特にインタークーラーとタービンとの接続部分にひび割れが多く発生します。
ひび割れが発生してりまうとその箇所から圧力が抜けてしまい、ターボ本来のパワーが発揮されません。

そこで、ムラタチューンでは、プレッシャーホースの接続部分の上に
熱に強いオレンジ用のホースを巻き付けてる予防整備を行っております。

ポルシェ 整備


加えて固定するためのホースバンドを幅9mmから幅12mmに変更し、
接地面の面積を増やし力を分散させるようにしております。

1 | 2 | 3 | 最初 | 次ページ>>