ポルシェ無料診断

ポルシェ無料診断

車の状態や整備の必要箇所等を無料で診断いたします。

 
 
 

新着情報

1 | 2 | 3 | 最初 | 次ページ>>

ポルシェ整備 928・GTS 冷却ファン~ヒューズのトラブル その1    
2017.04.30

ポルシェ 928 GTSの冷却ファン~ヒューズのトラブルです。


お客様が今回持ってこられたポルシェ 928 GTSは
「エンジン停止するとエンジンルーム内の冷却水タンクから冷却水が吹き上げてしまう」
という症状が発生しておりました。
 
ポルシェ 整備


詳しく調べてみるとラジエーターに取り付けられている冷却ファンが回転しなくなっていることが確認できました。
 
ポルシェ 整備


冷却ファンが回らない状態で走行すると走行している間は、走行風がラジエーターにあたるので、冷却効果が期待できますが、停止時には冷却がまったく行われない状態になります。

その結果、冷却水が高温・高圧になり却水タンクから吹き上がってしまっておりました。

明日に続きます。
 

ポルシェ整備 気づきにくいパーキングブレーキの摩耗   
2017.04.29

本日はパーキングブレーキ(サイドブレーキ)の減りについてご紹介いたします。

特にポルシェ 964やポルシェ 993近頃、件数が多くなってきたトラブルのひとつです。

パーキングブレーキを引いた際に

■異音がする
■効きが悪い
■引き白が多い

といったような症状が出ている場合は、パーキングブレーキがすり減っていると考えられます。

パーキングブレーキの減りは外からはチェックすることができないため、どの程度減っているのかすぐに確認することができません。
上記の症状が出ているお客様は、一度点検に出されてはいかがでしょうか。


ムラタチューンでパーキングブレーキを交換されたお客様の写真をご紹介いたします。

パーキングブレーキのブレーキシューです。
このブレーキシューがブレーキローターの内側に接触することで、ブレーキがかかります。

写真をご覧いただくと表面が劣化し、ヒビ割れているのがお分かりいただけます。


 
ポルシェ 整備




次に左右のブレーキシューを並べた写真です。
先程のブレーキシューは劣化しているものの、まだシューが残っておりましたが、もう片方はシューが完全になくなってしまっております。

 
ポルシェ 整備



またブレーキシューが無くなっていた方のブレーキローターの写真です。
接触面が削れて傷があることがお分かりいただけます。

 
ポルシェ 整備

ポルシェ整備 996 カレラ フロントフードの開閉不具合    
2017.04.28

本日は、ポルシェ 996 カレラのフロントフードが開かなくなるトラブルをご紹介いたします。


フロントフードは、運転席横にあるボタンを押すにモーターに信号が送られ、
モーターがワイヤーが引っ張りフードが開く仕組みとなっております。
 
ポルシェ 整備


今回お客様が持ち込まれたポルシェ 996 カレラはなんらかのトラブルで、
信号がモーターに送られず、フードが開かなくなっておりました。
 
ポルシェ 整備


ポルシェにはスイッチでフロントフードが開かなくなったとき、フロントフードを開くため装置
「エマージェンシーワイヤー」が取り付けられています。
 
ポルシェ 整備


車種によってその場所は異なりますが、ポルシェ 996 カレラの場合は、
右フロントのライナーを取り外したところにあります。
 
ポルシェ 整備


エマージェンシーワイヤーを引っ張ることで、フロントフードが開きました。

ポルシェ整備 993 エンジンマウントの違いによるエンジンのフィーリング変化 その2    
2017.04.27

昨日に引き続き、ポルシェ 993のエンジンマウントの違いをご紹介いたします。
 


「ポルシェ社純正のレーシングタイプのエンジンマウント」は、鋳物で作られており、レース用車両向けに設けられたパーツです。
 
ポルシェ 整備

またレーシングタイプのエンジンマウントについてはポルシェ純正品以外にも、アルミ製の社外品エンジンマウントなどが発売されております。

なぜ、ポルシェ純正品は鋳物なのか?ここにポルシェ社のこだわりがあります。


エンジンマウントについては・・・
クッション機構の少ないものに変えることによってエンジンの軽快さや加速感は増加します。
しかしながら、クッション機構がないことによってエンジンの振動や音が直接車体に伝わってしまうため、
その分、乗り心地は悪くなります。

好みに合わせたエンジンマウントをお選びいただき、より快適にポルシェをお楽しみください。

ポルシェ整備 993 エンジンマウントの違いによるエンジンのフィーリング変化 その1    
2017.04.26

ポルシェ 993のエンジンマウントの違いをご紹介いたします。


以前に「ポルシェ 968のエンジンマウント 」のブログでもご紹介いたしましたが、エンジンマウントを変えることで、エンジンの軽快さや加速感などまるでエンジンチューニングをしたかのようにフィーリングが変わります。

写真はポルシェ 993 カレラのエンジンマウントです。
シルバーの盛り上がった部分にはショックを吸収するクッション機構となっております。
 
ポルシェ 整備

続いてポルシェ 993 RSのエンジンマウントです。
ショックを吸収するクッション機構が小さなっています。
 
ポルシェ 整備

最後に、ポルシェ社純正のレーシングタイプのエンジンマウントです。
これはリジットマウントと呼ばれ、クッション機構がまったくなく直接車体に取り付けられる形となっております。
 
ポルシェ 整備

明日に続きます。

1 | 2 | 3 | 最初 | 次ページ>>