ポルシェ無料診断

ポルシェ無料診断

車の状態や整備の必要箇所等を無料で診断いたします。

 
 
 

新着情報

シフトレバーのガタの原因
2019.07.08

このブログをご覧の方の中で、シフトレバーのガタが気になっている方はいらっしゃるでしょうか。

シフトレバーとトランスミッションは、空冷の993までがロッドで繋がれており、日本車に多いケーブル式と比較してダイレクトな操作感を実現しています。

シフトロッドの端部には、樹脂製のブッシュが用いられているのですが、劣化するといきなり外れてしまいます。

写真は劣化した樹脂製ブッシュです。

 

 

ご覧の通り、ボロボロになっただけでなく磨耗して一見するとペースト状になっていることが画像からお分かりになられるかと思います。

 

 

 

 

 

TwitterやFacebookなど、アメブロ以外のSNSでも整備内容の紹介をしております。是非ご覧ください。  

  

Instagram: https://www.instagram.com/muratatune/?hl=ja  

Facebook:https://www.facebook.com/porsche.japan/ 

Twitter: https://twitter.com/muratatune  

 

見積りなどのお問い合わせはこちらまでお願い致します。  

info@muratatune.com  

997GT3 販売情報(再掲)
2019.07.03

Porsche 911 (type997) GT3

ふるいつきたくなるほど美しい黄色の997GT3ですが、このオーナーは7月から限定で1948台生産される991スピードスターHeritage Design Packetを購入されたので売却されるそうです。

走行距離は4万km弱で車検は昨日取ったばかりですから令和3年(2021年)7月20日まであります。

 

購入を希望される方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問合せください。

 

 

 

 

 

 

 

 

ブレーキパッドの摩耗
2019.07.03

ブレーキパッドの交換の際に、新品と摩耗による限界のものを比較した写真を掲載します。

 

 

左側が磨耗限界に達したもので、右側が新品です。

ブレーキパッドは通常はキャリパーに装着されているため、このように比較して確認できる機会は少ないです。通常の使用状況においては数年間かけて少しずつ磨耗していくため、新品と比較して磨耗していることに気づくことはまずありません。

そのためパッドの残量は安全走行をする上に大切です。

 

ポルシェ乗りはパッドの残量に無頓着な人が割合多いので、特に注意が必要です。

通常の走りでは25000kmを目途にサーキット走行の方は1500kmで点検し必要に応じ交換します。