ポルシェ無料診断

ポルシェ無料診断

車の状態や整備の必要箇所等を無料で診断いたします。

 
 
 

新着情報

1 | 2 | 最初 | 次ページ>>

Porsche 911 (type997) GT3997GT3の足回りです。鮮やかなイ...
2019.08.30

この投稿をInstagramで見る

Porsche 911 (type997) GT3 997GT3の足回りです。 鮮やかなイエローの車体とブラックのホイール、ポルシェのロゴが映えるレッドのキャリパーの組み合わせが絶妙です。 ブレーキローターにスリッドが入ってる事にお気づきになられたでしょうか。純正ではありませんがスリッドが入っていることでダストを排出する効果があり、ローターの表面が常に清潔に保たれる効果がある反面、ホイールやキャリパーにダストが付着しやすくなります。また、ほかのメリットとして、パッドの熱による変質面を削り摩擦が加わる事で、スリッド無しの状態より高い摩擦係数を実現することができます。 TwitterやFacebookなど、Instagram以外のSNSでも弊社の紹介をしております。是非ご覧ください。 アメブロ:ameblo.jp/muratatune/ Facebook:facebook.com/porsche.japan/ Twitter: https://twitter.com/muratatune 見積りなどのお問い合わせはこちらまでお願い致します。 info@muratatune.com ・ ・ ・ ・ #porsche #911 #sportscars #modified #tuning #carinstagram #tokyo #sumida #skytree #muratatune #ポルシェ #ポルシェ911 #911 #porsche911 #gt3 #997 #porsche997 #sportscar #sportscars #sportcarm#sportcars

ムラタチューンさん(@muratatune)がシェアした投稿 -

997 ドライブシャフト ブーツ破れ
2019.08.23

写真は997のフロント左側ハブ周りです。
ご覧のとおり、ドライブシャフトのブーツが破れ周辺にグリスが飛び散っています。


この状態になると等速ジョイントの潤滑がなされず焼きつきが発生します。
特にハブ側はジョイントが大きく曲がるため、デフ側と比較してひび割れや劣化が早く発生します。

初期においては、ブーツの蛇腹の谷の部分にヒビが入ります。この段階で交換すれば、グリスが漏れることもありません。
車を長く大切に、かつ無駄なお金をかけずに乗るためにはこまめな点検が大切です。








TwitterやFacebookなど、アメブロ以外のSNSでも整備内容の紹介をしております。是非ご覧ください。   
   
Instagram: https://www.instagram.com/muratatune/?hl=ja   
Facebook:https://www.facebook.com/porsche.japan/  
Twitter: https://twitter.com/muratatune   
  
見積りなどのお問い合わせはこちらまでお願い致します。   
info@muratatune.com   

シリンダーの補強部品
2019.08.20

ご覧いただいている緑のシールが貼付されている部分が930のブレーキマスターバック です。


右側のアルミのブラケットはブレーキペダルを踏むと、内部のレバーが作動しマスターバック 内のロッドを押すことでマスターシリンダーが作動する仕様になっています。
因みに、ブレーキマスターバックはエンジンの負圧を利用した制動倍力装置です。









TwitterやFacebookなど、アメブロ以外のSNSでも整備内容の紹介をしております。是非ご覧ください。   
   
Instagram: https://www.instagram.com/muratatune/?hl=ja   
Facebook:https://www.facebook.com/porsche.japan/  
Twitter: https://twitter.com/muratatune   
  
見積りなどのお問い合わせはこちらまでお願い致します。   
info@muratatune.com   

欠陥品
2019.08.17

先日取り寄せた部品に割れが見受けられたので紹介いたします。


画像はインテークパイプですが、ご覧のとおり差し込み部分が欠けています。

ムラタチューンは仕入れた部品は取り付け前に全てチェックを行っていますが、画像で見る通り明らかに問題があります。欠落部分は包装されたビニール袋の中にも見当たらなかったのが不思議です。











TwitterやFacebookなど、アメブロ以外のSNSでも整備内容の紹介をしております。是非ご覧ください。   
   
Instagram: https://www.instagram.com/muratatune/?hl=ja   
Facebook:https://www.facebook.com/porsche.japan/  
Twitter: https://twitter.com/muratatune   
  
見積りなどのお問い合わせはこちらまでお願い致します。   
info@muratatune.com   

今はもう懐かしいデスビ
2019.08.14


写真は新品のデスビです。




デスビという響きに懐かしさを感じる読者も多いのではないでしょうか。
デスビはdesutributerの略で、日本語だと分配機のことを指します。
車における電子機器の開発が今のように進んでいなかった1990年代の車は各気筒への点火コイルの入力を機械的に分配していました。円筒内部に各気筒へつながる電極が配置されており、その中を先端に端子が付いたロッドがエンジンの出力により回転して各気筒へ点火しています。
端子が擦れるため摩耗し、それが原因で点火不良を引き起こすことが多々発生します。
993まではデスビがついていますので、最近失火が気になっているオーナーは点検をお勧めします。









TwitterやFacebookなど、アメブロ以外のSNSでも整備内容の紹介をしております。是非ご覧ください。   
   
Instagram: https://www.instagram.com/muratatune/?hl=ja   
Facebook:https://www.facebook.com/porsche.japan/  
Twitter: https://twitter.com/muratatune   
  
見積りなどのお問い合わせはこちらまでお願い致します。   
info@muratatune.com   


1 | 2 | 最初 | 次ページ>>