ポルシェ無料診断

ポルシェ無料診断

車の状態や整備の必要箇所等を無料で診断いたします。

 
 
 

新着情報

ポルシェ専門店,これが分かればポルシェパラノイア 524
2012.01.15

ムラタチューンは1月5日(木)までお休みを頂きました。
お預かりしている車の整備を年末までにできる限り完了し、お客様にお引き渡しをしましたから仕事納めは4日ではなく1日長く5日まで休ませて頂きました。
例年、年末年始、ゴールデンウィークとニュルブルクリンク24時間耐久レース開催期間、お盆に各1週間のお休みを頂いております。
本年も同様の休業を予定しています。
事前にホームページでお知らせ申し上げますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

昨年末、訪独し、はてこれはと思うようなことを見聞してきましてので掲載いたします。
最初の写真は何でしょうか。樅の丸太の木口に釘が沢山打ち込まれています。よく見ると頭が曲がっている釘もあります。
樅の丸太と打ち込まれた釘は45度以上の食後酒グラッパと関係があります。
ビールやワインを飲みながら肉料理の後のもたれをなくすのに、この強い酒グラッパを好んで飲みます。
何のことかお分かりになりますか。
これはゲームの痕跡です。
酔った勢いを駆って用意されたハンマーで3寸程の釘を一撃でたたき込む力自慢のゲームで、打ち込み損じたならグラスのグラッパの一気飲みを強制されます。

ニュルブルクリンクグランプリコース入口リンドナーホテル越しに高く聳えるモニュメントは言わずと知れたジェットースターです。
昨年10月3日から5日間に亘り北ドイツ自動車連盟とポルシェクラブ六本木が共催したスクーデリアハンセアートとスポルトファーシューレ海外版に参加された皆さんは朝な夕なに眺めてきましたが、稼働しているのを見たことはまだありません。
建設当初の試運転で脱線、圧搾ボンベの破裂等の故障が立て続けに発生し負傷者まで出してしました。
ニュルブルクリンクノルドシュライフェでは良く事故が発生しますがジェットースターまで習うこともないと思ってしまいます。
そして昨年10月2日から営業を再開する予定でしたが、その試運転でまたしても脱線事故が3回も発生し未だモニュメントのままです。
営業を開始していたなら10月1日から多くの日本からの参加者がリンドナーホテルに投宿していましたから、その何人かは乗ったのかもしれません。

マンタイレーシングマンタイレーシング




ハンブルグ市内、正面に左に少し傾いたビルが見えます。地震国日本では考えにくいです。
右の写真も同じハンブルク市内でみかけましたが、串に刺した団子のような建物で不安さえ感じますが柱はご覧の通りスマートな細身です。

マンタイレーシングマンタイレーシング





ジャパンストアーの看板が見えます。ハングルクはドイツ第2の都市で人工は174万人です。日本が好景気の時は8千人程の日本人が駐在していたそうですが、現在はその半分ほどに減少したそうです。
中心街に日独センタービルがドンと腰を据えています。海外を訪れて外国から日本を見ると時を超え日本を見直す良い機会となります。

マンタイレーシングマンタイレーシング



市内の繁華街で見慣れた看板が目に入りましたから店内を覗いて見ました。
日本語表示のままで商品が並んでいます。クリスマス前でしたから店内は賑わっていましたが日本人は見かけません。
因みに日本語表示のカレンダーを15ユーロで買い求めました。
漢字、日本食がブームです。

マンタイレーシングマンタイレーシング



次回に続く

ポルシェ専門店,これが分かればポルシェパラノイア 523
2012.01.01

謹賀新年
健やかで佳い年であることを心より祈念申し上げます。

昨年末にドイツを訪ねました。
フランクフルト空港からシュツットガルトに行き、翌日ニュルブルクリンクに入りました。先週まで暖かく20℃近くもあったようですが、ドイツに到着した翌日の日の出前の気温は-1℃位で今の時期からすれば、それでも暖かでしょう。
4日(日)は400km北のハンブルクにエーリッヒ・グローテさんを訪ねました。
丁度2ヶ月前に開催されたスクーデリアハンセアートの第9軍団副団長で日本から参加した17名をひとグループでまとめて頂いたお礼にお訪ねました。
先年60才の定年を迎え2年間悠々自適の生活を送っていたところCM会社から声がかかり仕事に復帰したそうです。
2月には休暇をとって5日間フィンランドのキティレイで開催されるアウディのウィンタートレーニングに参加者として行くそうです。20名で行われるこのトレーニングは、そのうち6名がスクーデリアハンセアートに参加している仲間だそうです。

グローテさんとお会いした翌日、宿泊先のホテルにスクーデリアハンセアートのガドラン・パウリー社長とディーター・ロメイクさんが訪ねて下さいました。
2012年オータムシリーズで北ドイツ自動車連盟とポルシェクラブ六本木が合同開催するニュルブルクリンクのスケジュール調整の打ち合わせのためです。10時30分から2時間行われ話し合いの結果、5日間で開催することで和やかなうちに合意しました。
頂いた素敵な包装紙のクリスマスプレゼントを前に4人と一匹がにこやかです。

マンタイレーシングマンタイレーシング




深夜ニュルブルクリンクに戻り、6日(火)14時30分にRent Rece Car を訪ねました。昨日ハンブルクで行われたパウリー社長のと打ち合わせを反映するための開催スケジュールの調整です。
既に決定しているニュルブルクリンクオートモーティブGmbHの2012年のスケジュールはニュルブルクリンク耐久レースVLN10戦と同24時間耐久レース、その間にメーカーのテスト日が120日入り、冬季閉鎖期間が更に120日入ると残り60日間の振り分けが大きな課題となり既に満杯のスケジュールをどう調整するかはニュルブルクリンク側に一任の他ありません。
今年中に調整し連絡を入れることで合意しましたが薄氷の交渉でした。

2ヶ月前のポルシェクラブ六本木主催のスポルトファーシューレ海外版フェアウェルパーティーの挨拶でテオ・クリーンさんが次回の訪独時に渡すと約束頂いた記念の楯を頂戴しました。  





因みに一昨日12月30日深夜にニュルブルクリンクオートモーティブGmbH から2012年10月 1日(月)から5日(金)まで北ドイツ自動車連盟並びにポルシェクラブ六本木にニュルブルクリンクグランプリコースとノルドシュライフェの使用を認める旨の回答が届き、即日承諾の返信をしました。
これをもって2012年のスポルトファーシューレ海外版の開催日は正式に決定しました。ポルシェ乗りの皆様の参加をお待ち申し上げます。
究極のサーキットであなたのドライビングテクニックを磨きませんか。
詳細は今月19日(木)から22日(日)まで4日間開催される「ポルシェウィンタートレーニング八千穂」で発表いたします。

マンタイレーシングマンタイレーシング




プロスポーツのクリストファー・エッサーさんのファクトリーに年末の挨拶で訪ねました。
今年はポルシェケイマンSを2台参戦させ好成績を上げレース界で一挙に話題となりました。
ケイマンでの参戦で多くのモータースポーツ誌に活躍の記事が掲載され、こんなに有名になるのなら、なぜもっと早くケイマンにしなかったのかと質問したところ、人生とはこんなもんさと軽く、いなされてしまいました。
淡々としたこの性格と人間性は愛すべき、そして最も好ましいものです。

1年間毎月、時には40名近くの人数でお世話になったラ・ランテルナの女将さんです。大らかで明るく料理は美味しく、安く、量はとびきり多く家族全員の協力で休みなく昼も15時まで営業していますから、これで繁盛しないはずがありません。
2012年もまたお世話になります。

マンタイレーシングマンタイレーシング




マンタイレーシングは2回訪ねました。
2012年のレースにマンタイカラーのポルシェが参戦しないことについての質問に、どう聞いているか知らないが自分は最初からひとつのことしか言っていない。
勝つたび厳しくなるホモロゲーションに飽き飽きした。費用がかかりすぎることもある。自分たちだけで他とは関わらない新たなレースの模索をすることにした。100%できると言う結論はでていない。3ッの方向性がはっきりした時に話す。
ワークスのドライバーがマンタイレーシングのカスタマーカーに乗るかどうかは今のところ言えない。
帰国当日再度訪ね記事の掲載された雑誌にサインをしてもらいました。

マンタイレーシングマンタイレーシング




ウォルフガング・カウフマンさんとは滞在中、3回面談を行い来日の詳細打ち合わせをしました。帰国間際フランクフルト空港まぢかのレストランで来日日程の1日繰り上げを要請しました。その場合1月15日(日)朝ドバイから帰国し夕方日本へ発つことになりる。さてどうしたものかという表情でしたから、そんな面倒なことはせずドバイから夏服のままウィンタートレーニングに来たらどうかとの提案?に、こんな表情で応えてくれたカウフマンさんです。
日本から持参したカレンダーにサインをするカウフマンさんです。
搭乗時間が迫っています。

マンタイレーシングマンタイレーシング



明日2日と3日はブログをお休みします。
お読み下さいまして心から感謝申し上げます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

次回に続く