ポルシェ・356

ポルシェ無料診断

ポルシェ無料診断

車の状態や整備の必要箇所等を無料で診断いたします。

 
 
 

ポルシェ・356

ポルシェ・356の説明

ポルシェ356 (Porsche 356) とはドイツの自動車メーカーであるポルシェ社が1948年から製造を開始したスポーツカーである。製品名にポルシェの名を冠した初の自動車である。
スポーツカーとしての高性能と、居住性、実用性とを高度に満たした小型スポーツカーであり、第二次世界大戦後の小型スポーツカーの分野における一つの指標ともなった存在である。
1931年の創業以来、他社請負の車輌設計・開発を主な業務としてきたポルシェ社が、独立系メーカーとしての新たな活路をスポーツカー分野に見出し、第二次世界大戦終戦後に開発に着手した小型スポーツカーである。「356」の名称は、ポルシェ社内の開発コードから来たものである。
設計を主に担当したのはポルシェ社創業者フェルディナント・ポルシェの息子のフェルディナント・アントン・エルンスト・ポルシェ (一般にはフェリー・ポルシェの名で知られる。Ferdinand Anton Ernst Porsche) である。スタイリングはフォルクスワーゲン・タイプ1(いわゆる「ビートル」)のスタイリングも手がけたポルシェ社員のエルヴィン・コメンダ (Erwin Komenda) による。
356と、フェルディナント・ポルシェ設計のビートルには共通点が多いが、その前段階として、1940年にフォルクスワーゲンをベースとしてポルシェの手で開発された「ベルリン・ローマ・レーサー」の存在がある。このレース用2ドア・クローズド・クーペは、後の356に類似したスタイルを備え、高いポテンシャルを備えていたが、第二次世界大戦の激化に伴って目的としたレース開催が頓挫したことで活躍の機会を失った。356は、ベルリン・ローマ・レーサーの思想を受け継いだ存在とも言える。
ポルシェ博士のビートル開発関連の系譜以外にも、356量産化の際には資材、部品の調達や資金面等の多数の問題が発生し、解決策としてフォルクスワーゲン社(VW)との交渉により、ビートル用コンポーネンツの安定供給と1台生産ごとのロイヤルティ支払いの約束が為された。量産が開始された後、約15年に渡り細かい改良を重ねて発展しながら製造販売された。
終戦後の資材や物資が入手困難な状況で1947年6月に設計が始まり、短期間で完成された。1948年6月に試作車が完成し、ナンバー登録された翌月には、さっそくインスブルックの小さなレースに出場し優勝している。

スペック表

  ポルシェ・356
ベース車両 -
エンジン -
ニュルブルクリンクタイム -
ホッケンハイムタイム -
ノーマル車両参考 -
形式 -
排気量 -
レイアウト -
圧縮比 -
出力 -
トルク -
ボディ -
全長×全幅×全高 -
ホイルベース -
車両重量 -
ブレーキ -
フロントブレーキ -
リアブレーキ -
フロントホイール -
リヤホイール -
フロントタイア -
タイヤ -
パフォーマンス -
0 km/h -100 km/h -
0 km/h -200 km/h -
最高速度 -
標準価格 -
オプション -