ポルシェ無料診断

ポルシェ無料診断

車の状態や整備の必要箇所等を無料で診断いたします。

 

W.カウフマン公式サイト

ウォルフガング・カウフマン公式サイト

ウォルフガング・カウフマンさんの公式サイトです。

 
 
 

ポルシェ・914

ポルシェ・914の説明

ポルシェ・914(Porsche 914 )は、かつてポルシェとフォルクスワーゲンが共同で製造・販売していたスポーツカーである。ワーゲン・ポルシェというニックネームをもつ。
1967年フランクフルトショーで発表され1969年から生産、1970年から販売された914は、フォルクスワーゲンの既存のパーツを流用することによりコストダウンを図りユーザーの間口を広げた、入門者モデル的性格の強いモデルである。特に高価なポルシェ・911に手が出なかった若者への訴求力は強く、ポルシェという文化を植えつけるには持ってこいであった。
当時のフォルクスワーゲンはビートルとそのコンポーネントを利用した派生車種の製造・販売を中心にしており、頭打ちになったビートルの業績に頭を抱えていたところに舞い込んだプロジェクトだった。フォルクスワーゲンにとっては、ポルシェというブランドによる販売力と、なによりスペシャリティクーペでありながら、実態としてビートルと構造的な差異をほとんど見せないカルマンギアの後継としての役割を十二分に果たしてくれる存在に捉えられたため、ポルシェに対して協力の受け入れを打診した。
ボディの生産はポルシェが、エンジン供給をフォルクスワーゲンが主に担当した。914は既存のパーツをできるだけ流用することを留意したモデルではあったが、そのレイアウトにかける意気込みはポルシェがポルシェたらしめる由縁で、走行性能に関する部分に関して出来合いの惣菜をそのまま皿に盛るような真似は極力避けられていた。
エンジンは全て空冷式水平対向エンジン。エンジンとトランスミッションを前後逆に配置しミドシップマウントとし、重量物が中央に集中することで前後重量配分を適正値に収めることにより運動性能の向上を狙っている。
サスペンションはフロントが911からストラット式を、リアは実用車であるフォルクスワーゲン・ビートル411用のトレーリングアーム式をそれぞれ採用していた。これまでトーションバー・スプリングしか採用して来なかったポルシェ量産車として初のコイル・スプリングをリアに奢るなど、既存品の流用とはいえ選定にはこだわっている。
1970年16231台、1971年21440台、1972年27660台とポルシェ・911とは一桁違う多数が製造販売され、1976年にポルシェ・924に移行する形で製造中止された。

スペック表

  ポルシェ・914
ベース車両 -
エンジン -
ニュルブルクリンクタイム -
ホッケンハイムタイム -
ノーマル車両参考 -
形式 -
排気量 -
レイアウト -
圧縮比 -
出力 -
トルク -
ボディ -
全長×全幅×全高 -
ホイルベース -
車両重量 -
ブレーキ -
フロントブレーキ -
リアブレーキ -
フロントホイール -
リヤホイール -
フロントタイア -
タイヤ -
パフォーマンス -
0 km/h -100 km/h -
0 km/h -200 km/h -
最高速度 -
標準価格 -
オプション -