ポルシェ無料診断

ポルシェ無料診断

車の状態や整備の必要箇所等を無料で診断いたします。

 

W.カウフマン公式サイト

ウォルフガング・カウフマン公式サイト

ウォルフガング・カウフマンさんの公式サイトです。

 
 
 

ポルシェ・968

ポルシェ・968の説明

ポルシェ 968(Porsche 968 )とはポルシェにより1991年にポルシェ・944の後継としてリリースされ、1997年まで生産されたスポーツカーである。現在のところポルシェ製水冷FRスポーツカーの最終モデル.
北米の好景気に大量に売れた944が中古車市場で値崩れを起こし始めた中で、根本てこ入れ策としてモデルチェンジが必要となったポルシェは、かつて924のデザインを手がけたハーム・ラガーイ(Harm Lagaay )に944のデザインをリニューアルさせるとともに、S2のエンジンをベースにポルシェ特許の可変バルブタイミング機構であるヴァリオカム(Vario Cam )を吸気側に組み込む事で自然吸気で240馬力を発生する新エンジンを搭載し、1991年のフランクフルトショーで発表した。また生産はシュツットガルトのポルシェ工場で行われた。 [注釈 2]
また、カブリオレの人気が高い北米を意識して、電動ソフトトップのカブリオレモデルを1992年当初からラインアップした。実際カブリオレモデルの人気は高く、出荷台数の半数近くがカブリオレだった。
しかし、4気筒エンジンを根本的にリニューアルできなかったことが944の焼き直しと受け取られ、値段の設定も悪く当初販売は不振を極めた。
対応策として1993年に968CS(クラブスポーツ)をリリース。これはいわば911RSの968版といったもので、パワーウインドウ、エアコン、後部座席、エアバッグなどを取り払って50kg軽量化し、軽量な3スポークステアリングハンドル(エアバッグ無し)、フルバケットシートやLSD、車高調整式サスペンションを組み込んだ純粋にスポーツ性能を高めたモデルで、価格も16%安く(968:720万円、968CS:645万円)設定してあった。これはヨーロッパでは好評で若干だが販売に寄与することとなった。(市場性の違いから日本仕様CSではパワーウィンドウやエアコンが残され、コニ製車高調整式スポーツサスペンションと大容量ブレーキシステムがオプションで設定された) 外見上の特徴はボディ同色の17インチカップホイール(グランプリホワイト、スピードイエロー、ガーズレッド、リビエラブルーの場合、スタンダードカラーを選択するとホイールカラーはシルバー)、リアスポイラーが挙げられる。
サーキットトラックでの走行モデルとしてCSは現在でも最高のバランスと評価されているが、販売が予想以上に下回った結果、コード986として開発されたポルシェ・ボクスターがデビューした1996年の約一年後の1997年春に911がフルモデルチェンジするのを待たずして生産を終了した。

スペック表

  ポルシェ・968
ベース車両 -
エンジン -
ニュルブルクリンクタイム -
ホッケンハイムタイム -
ノーマル車両参考 -
形式 -
排気量 -
レイアウト -
圧縮比 -
出力 -
トルク -
ボディ -
全長×全幅×全高 -
ホイルベース -
車両重量 -
ブレーキ -
フロントブレーキ -
リアブレーキ -
フロントホイール -
リヤホイール -
フロントタイア -
タイヤ -
パフォーマンス -
0 km/h -100 km/h -
0 km/h -200 km/h -
最高速度 -
標準価格 -
オプション -