ポルシェ無料診断

ポルシェ無料診断

車の状態や整備の必要箇所等を無料で診断いたします。

 

W.カウフマン公式サイト

ウォルフガング・カウフマン公式サイト

ウォルフガング・カウフマンさんの公式サイトです。

 
 
 

ポルシェ・RS Spyder

ポルシェ・RS Spyderの説明

ポルシェ・RS Spyderは、ポルシェが製作した2座席プロトタイプレーシングカーである。プライベーター(個人参加者)への販売を前提にしているため、ル・マン24時間レースのカテゴリー「LMP2」のマシンレギュレーションに適合しており、アメリカン・ル・マン・シリーズ(ALMS)などに参戦している。
ポルシェは、1998年にポルシェ・911 GT1で16回目のル・マン24時間レース制覇を達成した。この後プロトタイプレーシングカーによるレースは、クローズドコックピットの「GT」からオープンコックピットの「LMP (ルマンプロトタイプ)」に変化したが、ポルシェはこの流れに乗らずにプロトタイプレーシングカーのレースから姿を消した。
2005年に、「オープンコックピットマシンをALMSで走らせる」と発表。「GT1よりも洗練されたマシンを、911育ちのプライベーター達に提供したい」ということでLMP2レギュレーションに適合したマシンを開発した。このマシンは、全てポルシェで設計・製造された。2005年のALMS最終戦にペンスキー・レーシングから参戦し、総合4位/クラス優勝を果たした。翌2006年もペンスキー・レーシングから2台参戦し、第3戦のミッドオハイオで総合優勝を獲得。2007年は、ペンスキー・レーシングとダイソン・レーシングから各2台ずつ参加。第3 - 10戦の間で8連勝(全12戦)を記録して、格上クラスのLMP1のアウディを下しシリーズチャンピオンを獲得。ポルシェ・RS Spyderは、「最新最強のレーシングポルシェ」といえる。2008年はALMSの他、ルマン24時間レースやル・マン・シリーズへと参加は拡大されていった。
オープンコックピットマシンに対してポルシェは、過去「スパイダー」の名称を付与していた。

スペック表

  ポルシェ・RS Spyder
ベース車両 -
エンジン -
ニュルブルクリンクタイム -
ホッケンハイムタイム -
ノーマル車両参考 -
形式 -
排気量 -
レイアウト -
圧縮比 -
出力 -
トルク -
ボディ -
全長×全幅×全高 -
ホイルベース -
車両重量 -
ブレーキ -
フロントブレーキ -
リアブレーキ -
フロントホイール -
リヤホイール -
フロントタイア -
タイヤ -
パフォーマンス -
0 km/h -100 km/h -
0 km/h -200 km/h -
最高速度 -
標準価格 -
オプション -