ポルシェ無料診断

ポルシェ無料診断

車の状態や整備の必要箇所等を無料で診断いたします。

 

W.カウフマン公式サイト

ウォルフガング・カウフマン公式サイト

ウォルフガング・カウフマンさんの公式サイトです。

 
 
 

ポルシェ・ボクスター

ポルシェ・ボクスターの説明

ポルシェ ボクスター(Boxster )は、ドイツの自動車メーカーポルシェが製造、販売するロードスターである。
ポルシェ・ボクスターは、1993年のデトロイトオートショーで発表されたコンセプトカー、プロトタイプボクスターの市販車として1996年に登場。ポルシェ・968の後継機ではあるが、直列4気筒エンジンのFR方式を止め、新規開発された水平対向エンジンをミッドシップに搭載している。ポルシェのミッドシップ車は914以来(ただし914はフォルクスワーゲン社とのダブルネーム)20年ぶりである。名前の由来は水平対向エンジンを表す「BOXER」と、ポルシェのオープンモデルの呼び名である「SPEEDSTER」を掛け合わせた造語。価格帯や搭載されるエンジン、そして兄貴分の911に配慮して抑えられたエンジン出力により、ポルシェのエントリーモデルとしての性格が与えられているが、2座席、ミッドシップ、オープンということを考えると911よりもスポーツカーとしてより一層ピュアな存在だとも言うことができる。足周りはフロントサスペンションがマクファーソンストラット、リアサスペンションはストラット式だがマルチリンク並の制御機能が与えられている。
F1をはじめとしたレーシングカーと一部の高性能高額スポーツカーのみが採用するドライサンプ潤滑油方式を採用。オイルパンを無くすことで、エンジンマウントを極限まで下方に移すことに成功しているとともに、コーナリング中にもGの影響がなくオイルの供給を可能にしている。また、エンジンの回転数に応じてツインフロー可変インテークマニホールドのフラップが開閉される2ステージ・レゾナンスインテークシステムを搭載。低重心の水平対向6気筒エンジンを搭載し、ボディ下部はカバーされ完全なフラット状態を作り上げており、世界第一線級のハンドリングを誇るコーナリングマシンとして知られる。ホンダ・S2000や、日産・フェアレディZ、トヨタ・MR-S、BMW・Z4等多くのスポーツカーの開発において目標とされた。
2005年には、ドイツの国際的第三者試験認証機関テュフ(TuV:技術検査協会)が発行した自動車に関するテストレポートにおいて、2.6%という故障率で最も故障が少ない車として認められた。ボクスターと同じ車齢2~3年のグループではマツダ・デミオ(故障率2.8%)が2位、アウディA4(故障率3.2%)が3位にランクインしている。

スペック表

  ポルシェ・ボクスター
ベース車両 -
エンジン -
ニュルブルクリンクタイム -
ホッケンハイムタイム -
ノーマル車両参考 -
形式 -
排気量 -
レイアウト -
圧縮比 -
出力 -
トルク -
ボディ -
全長×全幅×全高 -
ホイルベース -
車両重量 -
ブレーキ -
フロントブレーキ -
リアブレーキ -
フロントホイール -
リヤホイール -
フロントタイア -
タイヤ -
パフォーマンス -
0 km/h -100 km/h -
0 km/h -200 km/h -
最高速度 -
標準価格 -
オプション -