ポルシェ無料診断

ポルシェ無料診断

車の状態や整備の必要箇所等を無料で診断いたします。

 
 
 

新着情報

<<前ページ | 最新 | 395 | 396 | 397 | 398 | 399 | 最初 | 次ページ>>

ポルシェ整備 996 足回りの修理 スタビリンクの交換
2013.06.27

引き続き、ポルシェ 996 カレラの足回りの修理を行っていきます。アップライトとショックアブソーバーを固定する「スタビリンク」の交換を行います。

ポルシェ 整備


スタビリンクは、サスペンションとショックアブソーバーを繋ぐ棒状のパーツです。スムーズに動く様、上下の取り付け部分はボールジョイントになっております。

ボールジョイント部分はゴムブーツでシールされておりますが、経年劣化でブーツが破れる等してボールジョイントが正常に働かなくなり、トラブルが発生しやすい箇所のひとつです。
ボールジョイント部にトラブルが起こると走行時にガタガタという振動や異音が発生します。

ポルシェ 整備


トラブルが起こったスタビリンクは新品に交換いたします。

ポルシェ整備 996 足回りの修理 ベアリング交換
2013.06.26

引き続き、ポルシェ 996 カレラの足回りの修理を行っていきます。昨日紹介したバンプラバーの上部、アッパーマウント下に取り付けられているベアリングの交換を行います。

ポルシェ 整備


このベアリングがあることによって、ハンドルを切るとアップライトに同調してショックアブソーバー自体が動き、スムーズにハンドルを切ることができます。

ベアリングは、
・中にグリスが入っており、年月が経過すると硬くなってしまう。
・走行中のタイヤハウジング内には非常に多くの塵や埃が舞っており、それがベアリングの中に入る。
ことにより、年月が経つと正常な働きを行えなくなってきます。


従いましてショックアブソーバーなど足回りを交換する際には、一緒に交換することが多いパーツです。

明日に続きます。

ポルシェ整備 996 足回りの修理 バンプラバーのヒビ
2013.06.25


ポルシェ 996 カレラの足回りの修理を行っていきます。まずはショックアブソーバーと車体の間に取りつけられているバンプラバーの交換を行います。



バンプラバーは、路面の凹凸によってショックアブソーバーが跳ね上げられたとき、車体に底付するのを防止するパーツです。

パンクラバーはゴムでできているため、年月が経過すると硬化・劣化し衝撃を吸収する機能がなくなってきます。劣化したパンクラバーは新品に交換します。

ポルシェ 整備

明日に続きます。

ポルシェ 整備 986 キーセグメント(鍵)の不良
2013.06.24


ポルシェ 986 ボクスターのキーセグメントの不良の修理を行ないます。キーセグメントはキーシリンダーの奥に取り付けられており、キーをまわすことでイグニッションセグメントやハンドルロックの解除等を行なうパーツです。



キーセグメントがトラブルを起こすとキーが抜けなくなったり、オーディオやエアコン等が動き続けたままになるなどの症状が発生します。ポルシェ 986 ボクスターに多いトラブルのひとつで、キーセグメントごとアッセンブリー交換となります。

ポルシェ 整備
キーシリンダーが装着される箇所

ポルシェ 整備
この部分が上下することでハンドルロックが解除されます

ポルシェ 整備
トラブルが起こりやすいイグニッションセグメント部分

ポルシェ整備 964/997の比較 ブレーキ冷却用エアダクト
2013.06.23


ポルシェ997のフロントタイヤ内側に取り付けられているエアダクトです。このエアダクトは走行中に発生する走行風をブレーキローターの方向へ導風し、ブレーキローターに風を当てて冷却するために取り付けられています。


ポルシェ 整備
ポルシェ997のエアダクト

ブレーキ冷却用エアダクトはポルシェ964に初めて取り付けられ、モデルチェンジごとに冷却性能を高めるため形状が変わり、進化しています。

ポルシェ 整備
ポルシェ964 のエアダクト
ポルシェ997のもとと形状が異なっている

<<前ページ | 最新 | 395 | 396 | 397 | 398 | 399 | 最初 | 次ページ>>